静心なく 花の散るらむ

ひさかたの 光のどけき 春の日に

 

しづ心なく 花の散るらむ

 

(紀 友則)

 

 

今年も境内の桜が綺麗に咲きました。

 

 

花が咲くを生きること

桜が散るを死ぬこととすれば

 

桜が咲き散るは「いのち」を顕す。

 

 


生がいのちではない。
死がいのちではない。

 

「生死」がいのち。

 

 

だから有難い。

 

だから美しい。

 

 

 

合掌

 

 


教室・講座 ご案内


瞑想法専修会

 

 

 

 

REN農P


日龍寺 芦屋道場のFacebookです
こちらのインスタグラムでは、日隆(龍)寺に関するイラスト等を紹介しています

【著作権について】
明示していない限り、文章・写真・イラスト・動画などコンテンツの権利は、光貴山明王院 日隆(龍)寺に帰属します。

無断での転載、再利用、再配布などは御遠慮下さい。